2017.01.20 |  イベント情報 , ニュース・特集 , 特集記事

故郷奈良を想うシンガーソングライター「氷置 晋」インタビューさせて頂きました。vol.1 【特集】

今回、「奈良遊び」は奈良で活動されている
シンガーソングライターの「氷置 晋」さんに
インタビューをさせて頂きました。

P1050473

幼少期の音楽との出会いから
現在の活動に至るまでをまとめた特集記事です。

一番しっくりきたのは歌うことでした

奈良遊び(以下、奈)よろしくお願い致します

氷置 晋(以下、氷)よろしくお願い致します

奈:音楽をはじめたきっかけはなんだったんですか?

氷:小学校1年の時にピアノを始めたことですね

奈:それは習い事とかですか?

氷:学校の各教室にピアノがあったんですけど、休み時間とかにみようみまねでピアノを触っていて、遊びの延長だったんですがドンドンのめりこんでいって

奈:じゃあ、我流でピアノをやってんですね

氷:習ってた時期もあったんですけど、どちらかと言うと我流の方が強かったですね。あんまり楽譜を読むのも得意じゃなかったし、流行のJ-POPとかを耳コピして弾くのが楽しくて、子供ながらにですけどピアノでご飯が食べれたらなって思ってたんですけど、クラシックをきっちり学んでた訳じゃなかったので王道のピアニストは無理かな、、、と

奈:子供の頃の夢なのに妙にリアルですね!僕なんか本気でウルトラマンになれるって思ってましたよ

氷:、、、、(苦笑)そんな葛藤があった時に、妹がクラシックバレエを始めて、その世界にバレエピアニストという職業があること知ったんですよ

奈:バレエピアニスト?

氷:バレエダンサーに合わせて即興的にピアノを弾くんですけど、その時に自分の中でこれだ!!ってなって、早速バレエの見学に行ったんですけど、、、、

奈:、、、ですけど?

氷:バレエそのものにのめり込んでしまって

奈:ハハハハハ(笑)

氷:それが10歳の頃だったんですが、17歳までの7年間はバレエ少年で、その間は音楽はやってなかったですね(笑)

奈:ただ、バレエの方でも大きな功績を残されたらしいですね

氷:いやいや、そんなことはないですけど、、、本気ではやってましたね。バレエダンサーとしてプロでやっていきたかったので、1日10時間ぐらいは平気で踊ってましたし、海外のコンクールでも賞を頂いたりと

奈:本当に多才ですね!ただ、音楽の世界に戻って来ることになる訳ですよね?

氷:そうなんですよね

奈:きっかけと言うのは?

氷:17歳の頃に燃え尽きてしまったと言うか、、、言い訳なんですが。バレエの練習がハードでほとんど高校に行けなくなってしまってて、もう高校を辞めて今すぐバレエで海外に出ようかとか自分の中で悩んだんですが、その時に友達に軽音部に誘われて学校内でバンドを組むようになったことですね

奈:それからは音楽でプロの世界を目指された訳ですか?

氷:さすがに高校の部活動だったので、そんなことはなく、友達とバンドでワイワイするのが楽しかったんですよ

奈:青春ってやつですね!学園祭のステージに立ったり?

氷:そうですね!良い思い出です

奈:やっぱり、パートはピアノだったんですか?

氷:実はピアノではなくて、その頃からヴォーカルをはじめたんですよ。まぁ軽音部なんで、いろんなバンドのかけもちでドラムをやったり、ギター弾いたりしてたんですけど、ただ一番しっくりきたのは歌うことでしたね

奈:のど自慢大会で優勝とかもこの時期ですよね?

氷:そうですね、軽いノリだったんですけど、お陰様で奈良で優勝させて頂きました

奈:大学に進学されてからも音楽活動は継続されて?

氷:大学のサークルと言うよりは高校の時の仲間との「Seis Fugones」(以下、セイス)と言うインストのバンドを継続してやってましたね

自分の音楽が誰かに役に立つかもしれない

奈:実際、どの辺りからプロになることを意識してたんですか?

氷:一番のきっかけは東日本の震災ですね。自分になにか出来る事はないかということでJR奈良駅の前でチャリティーの路上ライブを1ヶ月間やったんですよ

奈:それは素晴らしい事ですね

氷:そしたら少し話題になって、最初はセイスの仲間と2人で始めたんですけど、ドンドン人が集まってきて気づけば20人ほどのビックバンドになってまして

奈:20人!!

氷:本来の目的は震災の為ですけど、演奏してる時はやっぱり楽しくて、いろんな人と音楽で繋がれるってのは良いなって、、、そして、蓋を開けてみたら200万程のお金が集まってましたね。

奈:それは凄いですね!200万欲しいな

氷:えっ!?、、、、、その時に、もしかしたら自分の音楽が誰かに役に立つかもしれないという可能性を感じ始めたのが大きくて。そんな時に中西圭三さんとチャリティーライブで共演させて頂いた際に「この仕事は楽しいよ」とお話し頂いたのがプロになろうと思った大きなきっかけですね

奈:なるほで!ちなみに、、、なんですが

氷:はい

奈:下世話な話になるんですが、、、みんなが是非聞きたいと思うので、、、

氷:なんでしょうか?

奈:集まった200万は寄付されたんですか?

氷:ハハハ(笑)もちろんですよ

奈:、、、、本当に?

氷:本当ですよ(笑)

奈:誰にも言わないので、、、本当は?

氷:残念ながら、毎日新聞の社会事業団を通じて義援金にさせて頂きました

生まれ育った地元の奈良を盛り上げたい!

奈:それから音楽活動を東京に移されたんですか?

氷:しばらくは今のようなシンガーソングライターという形ではなく、大阪のレストランでピアノの弾き語りでBGM演奏の仕事をしてたんですけど。そこのお店のオーナーさんのご厚意で東京のお店を紹介して頂いて2013年の6月に上京したんですよ

奈:東京でも仕事内容は同じですか?

氷:東京でも3年程同じことをしてたんですが、仕事でやる音楽とやりたい音楽が違って、やっぱり今のスタイルのように自分の思いを伝える音楽をやろうと決意し、今の事務所の奈良ミュージックデザインを故郷の奈良で立ちあげたんですよ

奈:なんで拠点を奈良にしようと思ったんですか?

氷:もともとは東京で始めようと思ってたんですが、お世話になったお店のオーナーさんに相談したら「あなたの音楽を本気で応援してくれてる人達はどこにいると思う?」と言う言葉に考えさせられて、その時に思いつくのは奈良を中心とした関西の方々で応援してくれるみんなは自分がどういう活動をしたら喜んでくれるだろう?何ができるだろうと考えたら、やはり生まれ育った地元の奈良を盛り上げたい!地元から発信していきたいと思い拠点を奈良に移しました

奈:急に拠点を奈良にして戸惑うことはなかったですか?

氷:僕は地元が元々奈良だったので問題はなかったんですが、マネージャーは東京だったので無理言って引っ張っちゃいましたね(笑)

奈:びっくりされなかったですか?急に奈良って?

マネージャー(以下、マ):そんなに、意外とすんなり、、はい(笑)

奈:えっ?はい!奈良に行きましょう!!よろこんで!!!、、、と?

マ:はい(笑)

やってきた事が繋がって行けば良い

奈:奈良での活動の開始が昨年の、、、

氷:3月ですね!もちいど商店街に事務所をかまえて奈良ミュージックデザインの活動を始めました

奈:奈良に拠点を移されて、今や観光大使ですよね

氷:そうですね。元々奈良に戻ってくる際に思い描いた、商店街のコラボとか地域密着型で活動したいと思ってた事が実現できてるのかな?とは思いますね

奈:凄い脱線するんですが。どうやったら観光大使になれるんですが?僕なんて生まれも育ちも奈良で影ながら応援してるんですが、、、未だにオファーがこなくて、、、今でも待ってるんですけど、、、(笑)

氷:う~ん(笑)きっかけは市長さんですね。一度、表敬訪問させて頂いた際に「よかったらどうです?」とお声をかけて下さったので

奈:では、今度僕も市長さんにお願いしてみますね

氷:、、、、えぇ

奈:実際の観光大使としての活動というのは、どのようなものなのですか?

氷:僕もまだまだ、なったばかりですが、、、奈良市が毎週配信している「奈良市チャンネル」という一週間の出来事を発信する動画チャンネルのオープニングとエンディングに曲を使って頂いたりしてます。

今後は、行政の行事などにも携わり奈良市のPR活動を協力していければと考えています。

P1050480

奈:4/2に100年会館でコンサートをされるんですよね?

氷:そうなんですよ!大きなコンサートなので、割と挑戦なんですけど。

奈:100年会館ですもんね

氷:この事務所を作った時からの目標で1年の集大成じゃないですけど、この1年やってきた事が繋がって行けば良いなと思っています

奈:今後の目標についてお聞かせ下さい

氷:奈良のアーティストと言えば「氷置 晋」と思って頂ける様にこれから頑張って行きたいですね。

この一年間色んな活動をしてきたのですが、割と奈良の人に向けて音楽を発信してきたので。
このコンサートを終えて、それ以降の目標になるんですけど、やはり市外、県外にもどんどん出ていきたいと思っていて、その事によって大阪・京都、それこそ東京に行って「奈良から来ました。氷置晋です。」と言って発信して行く事によって、多少なりとも奈良が注目されるきっかけになれば良いなと思うんですよ。

奈良の外で「奈良から来ました」と発信して初めて意味がある事だと思うし、地元への恩返しにも繋がると思うので。もちろん、奈良を拠点に奈良を大事にしつつ、奈良に留まらない活動を今後はやって行こうかなと思っています。

氷置 晋

奈良県奈良市出身。10歳でバレエと出会い、バレエ漬けの中学時代を過ごす。海外のコンクールでも入賞を果たした。高校時代、軽音部に入ったのをきっかけに音楽活動を開始。2006年、NHKのど自慢奈良大会でチャンピオンに。2011年 東日本大震災に際して、路上ライブで義援金200万円を集めた。奈良もちいどのセンター街で行われたチャリティイベントでは中西圭三氏と共演。同年、東京ビッグサイトで行われたエコプロダクツ2011」に出演。大阪・東京の飲食店で専属演奏家としてのプロ活動等を経て、現在は奈良県奈良市を拠点に活動している。NPO法人「SESSION with EARTH」理事。
引用元:Wikipedia

公式HP:http://shinhioki.com

余談

奈:Wikipediaに載られていて、正直めちゃくちゃ羨ましいのですが感想はいかがですか?

氷:そんな、たいそうな事じゃないですよ

奈:有名の象徴じゃないですか!「奈良遊び」も載りたいですよ!

氷:でも、分かりやすいかもしれないですね。初対面の人でもWikipediaを見てもらえると自分がとういう人間かって言ううのが分かりますし、、、結構、凝縮されてますけど。

奈:では、載ったから「よっしゃ!!!」って言うのは?

氷:なかったですね。

奈:、、、、、(大人だな)

4月2日 100年会館コンサート

氷置 晋 Spring Concert 2017

日時 4/2(日) 12:30開場 13:30開演

場所 なら100年会館 中ホール

料金 一般:3,300円 学生:2,800円

ぴよっきーも応援に来ます!!

氷置 晋・ぴよっきーグッズ販売店一覧

◆氷置晋WEBショップ
http://shinhioki.com/shop/

◆絵図屋(奈良もちいどのセンター街)

◆奈良県立美術館(2017年1月14日〜3月15日まで限定)