2017.01.14 |  イベント情報 , ニュース , ニュース・特集 , 特集記事

夜空を焦がす「若草山焼き」が今年も熱く燃える 【イベント】

奈良の伝統的な名物行事「若草山焼き」が今月の28日に奈良市の若草山一帯で行われます。

若草山に関しては前回こちらでご説明しましたが
若草山 登山してみた 【遊び】

奈良だけに留まらない全国的に有名な夜景スポットです。

夜景

ここ最近の寒さも吹き飛ばすホットなカップルが行くと、さらに熱く激熱に変わるので「この景色も君の前では霞んでしまうね。君の方が綺麗さ!」といった演出もロマンティックが有り余ったせいで恥じる事なく急にアメリカンな攻めの姿勢で発生するので、他の方は「あれ?ここ日本?」と勘違いするかもしれませんが、、、

安心して下さい!奈良ですよ!!
なんなら、日本の中でも日本らしい場所ですよ!!と教えてあげて下さい。

日本人はハッキリしない!と言われがちですが
その謙虚な奥ゆかしさで口には出さない背中で語る「愛してる」の素晴らしさも教えてあげて下さい!!!

と、少々脱線してしまいましたが。
そんな素敵な夜景や景色を見る事ができる若草山ですが。

奈良では毎年1月の第4土曜日に焼きます!

「えっ?焼くの?」と鳩が豆鉄砲をくらった様な顔をしているのは分かっておりますが

焼きます!

もう、焼くなんてもんじゃありません。

めちゃくちゃ焼きますし、これ最初に考えた人はどんだけカップルに嫉妬して燃えんの?ってぐらい追い打ちで花火とか上げまくります。

Fotolia_57757888_Subscription_Monthly_M

なんで、山を燃やすの?と思う方もおられるでしょうが

一度、若草山の気持ちにもなってみて下さい。

夜景の名所として大勢の人が訪れるので、若草山も「あれ?私モテてる?」と喜びます。

しかし、ほとんどの人が山頂に上るやいなやですよ、、、口を揃えて「夜景がきれい」「景色がきれいと」褒めるのは他人ばかり

そりゃあ若草山も怒りますよ

めちゃめちゃモテてると勘違いしてたら、ほとんどが「友達かわいいね」って目当てが自分じゃない

ジェラシーですよ!私も見てって!!

ロマンティックが有り余ってるはずなのに、私の分まだ回って来てませんよ!って

私も褒めて!ってなりますよ。
そんな、若草 山ちゃんが1年に1回 誰よりも目立つために

みんなに褒めてもらう為に

自ら燃えるのです!!

これが本当の炎上商法
最初にやったパイオニアは若草山だったのです。

本当の理由

江戸時代から続く伝統行事で毎年1月に山焼きが行われる。その起源は東大寺と興福寺による領地争いを双方立会いの上で焼き払って和解したや、山上にある鶯塚古墳の鎮魂など諸説ある。現在は先人の慰霊や県の防災などを祈り、毎年1月第4土曜日に実施されている。
引用元:Naraasopedia(ナラアソペディア)

圧倒的閃きで思いついた「炎上商法」と言うキラージョークを言いたいが為に寸劇を繰り広げましたが、この「若草山焼き」は写真で見て頂いて伝わると思いますが本当に綺麗で山が燃える姿は圧巻です。冬の花火も綺麗なので、お時間のある方は是非足を運んでみて!下さいおすすめなイベントです。