2017.06.30 |  イベント情報 , ニュース・特集

一体開催は全国初!!2017年に奈良県で「国民文化祭」「全国障害者芸術・文化祭」が開催されます。【イベント情報】

2017年、奈良県で「第32回国民文化祭・なら2017」と「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」の一体開催が行われます。

開催期間は2017年9月1(金)~2017年11月30日(木)

9月2日には東大寺大仏殿前で奈良県出身の俳優「八嶋智人」が総合司会を務め開会式が行われるそうです。

国民文化祭とは?

全国各地で行われている各種の文化活動を全国的規模で発表、公演する機会を提供することにより、国民の文化活動への参加の気運を高め、新しい芸術文化の創造を促すことを目的として、昭和61年度から毎年、各都道府県で開催されている文化の祭典です。
引用:国文祭・障文祭なら2017

簡単に言うと、学生時代に行った文化祭の全国規模&ハイクオリティーバージョンって感じですかね?
どうやら、国民文化祭そのものが、奈良県では初開催のようで、32回目にしていよいよ我ら奈良県の番が回ってきたのです。

全国障害者芸術・文化祭とは?

障害者の芸術及び文化活動への参加を通して、障害者本人の生きがいや自信を創出し、障害者の自立と社会参加を促進するとともに、障害に対する国民及び県民の理解と認識を深めるため、障害者週間(毎年12月3日~12月9日)に合わせて実施する等、全国持ち回りで開催しているものです。
引用:国文祭・障文祭なら2017

公式ガイドブックが県内の主な文化施設、各市町村役場や近鉄主要駅などで無料配布されるそうです。
また、公式ホームページからはPDFでガイドブックを閲覧・ダウンロードが可能です。
http://nara-kokushoubun.jp/