2017.06.23 |  ニュース , ニュース・特集

斑鳩町が町の鳥にイカル、花に椿を制定したそうです【ニュース】

21日、斑鳩町は、町の鳥に「イカル」と町の花に「椿」を制定しました。

他の自治体では、京都府綾部市(旧何鹿(いかるが)郡)が1974年に市の鳥にイカルを制定した事もあるそうです。

正直、初めて「イカル」と言う鳥の名を聞いたのですが、写真を見てなんだか見た事はある様な気がします。
本日の「奈良遊び」はそんな「イカル」について調べてみました。

イカル

イカル

スズメ目アトリ科の鳥類

全長20~25センチの太くて黄色い大きなくちばしが特徴。
また、「キーコ、キー」こと鳴くのも特徴の一つ。
黄色い大きなくちばしで堅い木の実などをくだいて、主食のエサにします。
普段は、小さな群れで生活しますが、繁殖期になるとつがいで生活します。

このイカルですが、奈良の斑鳩の町名の由来と言う説もあるそうで、今でも斑鳩では良くみられるみたいです。

是非、斑鳩に足を運ぶ際はこの「イカル」探してみてはいかがでしょうか?