2017.05.26 |  ニュース・特集 , 特集記事

ツイッター認証バッジが欲しくて、ダメ元で申請してみた【特集】

昨年9月から始めた「奈良遊び」ですが、本当に皆さんのおかげで最近ではたくさんの方に見て頂いております。
来月からは、月ごとのPV数(閲覧数)や月間の人気記事なども、まとめて行こうかと思っている今日この頃。

最近、閲覧数が増えた要因のひとつとして、奈良遊びのfacebookページへの「いいね」の数の増加があります。

直近では、およそ月で50~60程「いいね」が増加しております。

これも日頃「奈良遊び」の記事を読んで頂いている皆様のおかげです。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

「奈良遊び」では、facebookだけでなくツイッターも行っております。

facebookのいいねがそこそこあるんだから、ツイッターのフォロワーもそこそこいるんじゃないか?

皆さんそう思いませんか?

「奈良遊び」ツイッターフォロワー、その数、なんと。。。

現在13人!!

これは、どげんとせんといかんとです!!

我々スタッフ一同は考えました。

そして、一つの結論にたどり着きます。

「奈良遊び」の偽アカウントがフォロワーを奪ってる説!!

そう、みなさんこちらの記事を覚えていますか?

せんとくんフォロワー数、偽物に負ける 【ニュース】

タイトル通り、せんとくんの偽アカウントのフォロー数が、本物を上回っていると言う内容になります。

我らが「奈良遊び」も偽アカウントがいて、そちらにフォロワーを取られているのではないか?
そう考えると夜も眠れません。

早速、偽物探しです!!

ツイッター上で「奈良遊び」→「ユーザー名」で検索してみました。

あれ、、、、

偽物らしき、アカウントが見つかりません。

さらに、スタッフ一同は考えました。

公式マークが無いから、安心してフォローできない説!!

ツイッターをやっている方なら当然ご存じかた思いますが、
ツイッターには、認証バッジと言うものが存在します。

これは、ツイッターが本人確認をとり、公式ですよ。と認めてくれたマークになります。

そう、我らが「奈良遊び」には、悲しきかなこの認証バッジがありません!!

安心と信頼が信条の「奈良遊び」。

これでは、皆さんが安心してフォローできないのも納得です。

そして、調べてみると、一つの事実がわかりました。

去年から、ツイッターが認証バッジのリクエスト受付を開始していた。

元々、ツイッター側の判断を待つしか無かった認証バッジですが、2016年7月から個人や企業の側から請求できるようになっていたのです。

そうと判れば善は急げ!!
これはもう申請するしかありません!!

さっそく申請ページにやってきました。

https://verification.twitter.com/welcome

全部、英語です。。。
流石の海外企業ツイッター。グローバル全開。
いきなりハードモードです。

残念ながら、我々「奈良遊び」のスタッフに英語が堪能なものはおりません。
ここは、グーグル先生の翻訳機能に頼る他ありません。

【以下翻訳】
アカウントの確認リクエスト
ようこそ!

Twitterの青い確認バッジは、公益のアカウントが本物であることを人々に知らせる。アカウントの確認を検討する必要があると思われる場合は、Googleまでご連絡ください。
アカウントを準備する

申請する前に、アカウントを確認して準備が整っていることを確認してください。この記事では、あなたのリクエストに役立ついくつかのヒントを紹介します。

フォームを送信した後、アカウントを確認できるかどうかをメールでお知らせします。
【翻訳ここまで】

とりあえず「CONTINUE」をポチッと押してみます。

予想通り英語での認証が続きます。
またまた、グーグル先生お力をお借りします。

どうやら本人間違えないかの確認の様です。

チェックボックスにチェックを入れ、「NEXT」をポチッとな。

その後のページでは「公式のアカウントであると示す」ことができる2つ以上のWebページのアドレスと、認証して欲しい理由を入力するフォームとなります。

「奈良遊び」と運営会社のURLを入力し、公式アカウントにして欲しいと言う熱い思いを入力し「NEXT」をクリック!!

確認画面が出てきて、問題内容でしたので「SUBMIT」を押して完了

上記の完了画面になりました。
どうやら結果はメールで来るそうです。

あとは、結果を首を長くして待つだけです。。。

結果はと言うと。。。

案の定と言いますか、まさかと言いますか落ちました。

以下が、ツイッターから送られてきたメールです。

「ハイ!奈良遊び」なんて、陽気な入りのくせにもう、翻訳する事もなく、なんと無く文面から伝わってきます。(念の為、翻訳はしました)

30日後に再申請できる様です。
さすがに、30日後にすぐ再申請とはいきませんが、この心の傷が癒えしだいリベンジを誓う奈良遊びでした。

最後になりましたが、こちらが「奈良遊び」のツイッターになります。

ツイッター上で「奈良遊び」と検索して頂いても検索に引っかかります。

フォローボタンを押してして頂けると、スタッフが小躍りして喜びます。