2017.05.26 |  ニュース , ニュース・特集 , 生活・豆知識

奈良のリニア中央新幹線の中間駅の場所を巡り横から口出し!? 【ニュース】

こんにちは、「奈良遊び」です。

今回の奈良遊びはリニア中央新幹線についてです。

リニア中央新幹線といえば

早ければ2037年に東京から大阪間で開業するものすごく速い新幹線です

どれぐらいか速いかと言うと

東京から大阪を最短67分

あのボルトですら「、、、マジかよ」と嘆く、脅威的なスピードで

車で奈良市内から桜井や宇陀の南の方に走るのとほぼ同じです!!

そんな、リニアカーで忘れてはいけないのが

中間駅が奈良県内でできる予定ということです

そのため、奈良県内では誘致合戦が繰り広げられているところ、意外なところから口出しをされているそうなのです 、 、 、

現在、奈良市、大和郡山市、生駒市の学研都市周辺で駅の誘致合戦が繰り広げられている中、今月の24日にルート選定に影響力を持つ自民党の会議が開かれ、そこに奈良県の荒井知事も出席しました。

荒井知事は候補地の大和郡山市出身なのですが、それについて自民党国会議員は「荒井知事は自分の出身地を通そうとしているけど、あんな場所はダメだ。学研都市に通したい」と、生駒市を含む学研都市は大阪や京都にもまたがっていて、さまざまな研究施設などがあることから、ここにリニアの駅をつくれば、関西全体のメリットがあると期待している

という見解で、急に学研都市都市が優位?と思われましたが

荒井知事本人は「生駒がいいのではないか、大阪に近いところがいいのではないかと1人の先生が言ったが、『余計なことを言わないで』と言った。奈良県内の駅のことは奈良で決めるので」

とのことで、まだ中間駅の場所については明確にはされていませんでした。

「奈良遊び」としては、リニアが開通し、これで奈良が盛り上がれば、どこでも嬉しいですが

個人的には奈良市内で開通してくれた方が便が良いので助かります 、 、 、