2017.05.9 |  ニュース・特集 , 生活・豆知識

奈良県民でも読めない人続出!!奈良の難読な地名をご紹介いたします【生活・豆知識】

平城山、山陵、神楽

今回の「奈良遊び」は奈良の読みにくい地名について調べてみました。
地元の人には当たり前だけど、同じ奈良県民でもなかなか読むのが難しい。

こちらの記事でも堂々の二位だった

無駄にカッコイイ関西の地名ランキングの1位が奈良のある地名だったので発表します 【特集】

「斑鳩(イカルガ)」なんかも、そんな難読な地名の一つかもしれません。

他にも奈良にはそんな読むのが難しい地名がたくさんあります。その中でも「奈良遊び」が気になった難読な地名をピックアップしてご紹介いたします。

読み方が特殊

平城山 (ナラヤマ)【奈良市】
平城(ヘイジョウ)と書いてナラと読むのがポイント。

山陵 (ミササギ)【奈良市】
サンリョウって読んじゃいますよね。

神殿(コドノ)【奈良市】
シンデンではございません。

大豆山(マメヤマ)【奈良市】
「大」はどこに行った…

神楽(ジンラク)【大和高田市】
カグラと読みたい気持ちはグッと抑えましょう。

十六面(ジュウロクセン)【磯城郡】
ジュウロクメンとは読みません。

小(オムラ)【吉野郡】
音読みですか?訓読みですか?

素直に読んでください

穴虫(アナムシ)【香芝市】

簾(スダレ)【御所市】

閉君(トジキミ)【御所市】

山陰(ヤマカゲ)【五條市】

万六(マンロク)【宇陀市・宇陀郡】

一文字シリーズ

鵲(カササギ)【奈良市】

嵩(ダケ)【奈良市】

出(イデ)【大和高田市】

狛(コマ)【桜井市】

薑(ハジカミ)【葛城市】

雷(イカツチ)【高市郡】

いかがでしたか、奈良に住んでる方でも、意外と知らない(読めない)地名も多かったのでは?