2017.05.3 |  ニュース・特集 , 生活・豆知識

日本に国技は存在しない!?大相撲香芝場所 10月19日に開催されます【ニュース・豆知識】

相撲

今回の「奈良遊び」は、スポーツに関するニュース&豆知識です。

皆さんは、とあるスポーツが奈良県発祥だとは、ご存じだったでしょうか?

そう、そのスポーツとは「相撲」です!!(画像でモロバレでしょうが・・・)

諸説はあるようですが、日本書紀の中に初めて相撲がとられた記述がある事から、相撲の起源は奈良だとされており、観光地としてのPRを行っております。

「大相撲香芝場所」が10月19日に開催されます!!

相撲発祥の地の奈良にて「大相撲香芝場所」が10月19日に香芝市本町の総合体育館で開かれるそうです。
参加する力士は150人~160人になる見通しで、公開稽古や横綱の土俵入りなども予定されています。

平成29年秋巡業 大相撲香芝場所
日 時:平成29年10月19日(木曜日) 8時00分~15時00分
場 所:香芝市総合体育館
主 催:相撲発祥の地奈良実行委員会
巡業勧進元(株)どすこいプロモーションズ

参照:ならの観光力向上課/観光プロモーション課

 

と本来はここまでが今回の記事の予定だったのですが、少し相撲について調べているうちに気になる事があったので、ここからは、皆さんに少し豆知識をご紹介します。

相撲 = 国技 では、国技とはなんなのか?

相撲と言えば、世間一般的に、国技と呼ばれています。
我々も、幼い頃からなんとなく、日本の国技は相撲だと言う認識で育ってきました。

では、その国技の定義とはなんなのでしょう?



結論から言います。

特に定義はありません!!

日本国内において、相撲を国技と見なす風潮が一部に存在するが、日本国内に正式な国技はない
引用元:国技 – Wikipedia

そもそも、国技なんて存在しなかった!?

なんと、日本において正式な国技と認定した記録や法令は存在しないのです!!

ちなみに、海外ではカナダのアイスホッケーや・韓国のテコンドーなど法令で、国技を定めている国はあります。

では、なぜ相撲が国技と認知されているのでしょうか?

こちらも諸説があるようですが、

有力な説は、明治42年(1909年)、東京・両国に初めての相撲常設館が完成した時、その建造物を「国技館」と命名したことが由来だとされています。
実際、国技館の開館式において、作家の江見水陰氏が執筆した推薦文の中で「相撲節は国技である」という内容を書いたそうです。

引用元:相撲は日本の国技ではない!?その根拠や国技とされる由来について!

たしかに、これは相撲を国技だと皆が思ってしまうのは、しかたないかもしれません。

 

しかし、皆さん忘れてはいけません!!
日本に国技はないのです!!

「鬼ごっこ」を国技にしようと言う団体が立ち上がる。

世論が流れる

超偉い人が法令で「鬼ごっこ」を国技認定!!

なんて、妄想が膨らむ奈良遊びでした