2017.05.1 |  ニュース・特集 , 生活・豆知識

観光地として有名な奈良県、実は意外なワースト記録を持っているのはご存じでしょうか?【生活・豆知識】

ランキング

今回の「奈良遊び」は奈良に関する不思議なお話をご紹介します。

奈良県には、東大寺や大仏など観光名所がたくさんあります。
国宝建造物数ランキングでも全国1位を誇る奈良県は、観光地としても有名で、年間約3,500万人以上の観光客が訪れます。

そんな奈良県が意外なワースト記録をお持ちなのはご存知でしょうか?

宿泊施設の客室数ランキングワースト1位

観光地、観光客が多い位イメージの奈良県。
さぞ、ホテルや旅館もたくさんあるかと思いきや、なんと全国一少ないのです。
出典:2013年厚生労働省衛生行政報告例

なんとも意外な結果です。

なぜこんなに、宿泊施設が少ないのか?

それには、以下の理由があると言われています。

・日帰りのお客さんが多い
大阪や京都に宿泊して、奈良には観光だけ来るパターン。

・建造物の高さ制限
ホテルなど建物の高さで部屋数が決まるため、高いホテルが建てる事が出来ない。
イコール、部屋数が少なくなります。

・遺跡の多い土地柄
奈良県には様々な遺跡が眠っています。
その為、大掛かりな工事などを行った際、遺跡などが発見されると工事自体が中断になってしまうリスクがあります。

近年、2020年のオリンピックに向けて宿泊施設なども、少しずつ増えている奈良県。

今後に期待する奈良遊びでした。